アシナガバチの駆除|害獣駆除を依頼して快適な生活を取り戻す|被害を抑えるポイント

害獣駆除を依頼して快適な生活を取り戻す|被害を抑えるポイント

婦人

アシナガバチの駆除

悩む男性

アシナガバチは春から秋にかけて巣を家の軒先などに作る傾向にあります。放置していると、少しずつ大きくなってこのアシナガバチが増えていきます。ただ、八チ駆除の殺虫剤でも退治が容易であり、夕方には行動が遅くなり夜には行動しないという特性があるため、素人でも駆除がし易いとも言われています。素人でも駆除がし易いのはまだ巣が大きくなく、数匹程度しか飛んでいない場合です。大きくなると場合によっては業者に依頼しないと危険なこともあり得ますし、ハチを始めとして昆虫類が苦手だという人も、業者に依頼しないといけない場合もあるでしょう。その巣の状態と、危険性などに応じて専門の業者に任せるかどうかは判断することになります。

アシナガバチの巣は、放置していてもそれほど急激に大きくなることはまれです。むしろ近くに他のアシナガバチの巣を作る場合があり、それに伴ってアシナガバチが増えていく傾向も見受けられます。駆除を考える場合には、夕方から夜にかけてアシナガバチが行動しないタイミングを見計らって、巣に対してハチに効果がある殺虫剤で駆除を行うのがよいでしょう。アシナガバチの巣からハチが出てこないことを見計らって、巣を取り除き、踏み潰すなどの行為で駆除してしまいます。無論、日中等の場合にはアシナガバチの巣の中からアシナガバチが出て来て攻撃してくる恐れがあります。その針には毒を持っていると言われており、スズメバチほどではないにしても痛いですから、夕方など時間とやり方を工夫して実行しなければならないので、難しいなら業者に依頼しましょう。