業者の対処法|害獣駆除を依頼して快適な生活を取り戻す|被害を抑えるポイント

害獣駆除を依頼して快適な生活を取り戻す|被害を抑えるポイント

婦人

業者の対処法

家

ねずみは人が寝ている間に、食料を食べます。このことより、寝込みに盗むということから、ねずみと言う名前になったと言われています。ねずみの前歯は一生伸び続ける為に常に何か硬いものをかじって前歯をすり減らす習性があります。スリ減らさないと、前歯が口をふさぐようになり、口に何も入らないようになって、餓死していくこととなります。こうしたことから、家屋などをかじって、木材を傷めるのです。ねずみ退治の早期が望まれます。またねずみは繁殖力が非常に強く、全世界に生息する生き物となっています。一度の出産で5〜6匹産むことができ、また3週間程度で生まれた子供は成熟して、子供が産めるようになります。ですから、繁殖力は他の動物よりかなり優れています。

ねずみ退治においては、ネズミの住処を見つけ出すのが良いですが、中々大変な作業となります。しばらくは観察して、ネズミの通り道などを特定して、そこから住処を洗い出さなくてはいけません。時間をかけて行う必要が出てきます。ねずみ退治はそれほど大変な作業なのです。警戒心はかなり高く、音などには敏感ですので、観察するのにも一工夫しなくてはなりません。早期にねずみ退治をしなくては、繁殖率の高さから、大量のねずみが生息することになります。できるだけ早く行うことです。この作業は何も全部自分で行う必要性があるというものではないので、必要であれば専門業者に現地調査をしてもらった上で効果的な退治をしてもらうのが得策です。